· 

世界に1つだけの作品

現代アート画家 RIO UMEZAWA,細密画

みなさま、こんにちは。
RIO UMEZAWA OFFICEの岡本です。

 

今回はRIOの作品についてふれてみようかと思います。

 

私自身は常々RIOの真骨頂はACRYLICS(アクリル画)にあると思っているのですが、みなさまの中には初めて出会ったRIOの作品はMINIATURE(細密画)だったという方も多いのではないでしょうか?

 

0.03〜0.05mmのミリペンで描き込まれた細胞のような、微生物のような模様。

現代アート画家 RIO UMEZAWA,細密画

 

この特徴的な模様を、とある画廊のバイヤーさんが
「世界中のどこを探してもない模様」
と評してくださった事があります。

 

このオリジナルの模様がどうやってやって生れてくるのか?
緻密に計算されて構成されているのか?
本人に訊ねてみると・・・

 

「頭で考えてない。手が勝手に描いてくれるの」

と、あくまで無心なんだそうです。笑


でも、ある意味、自分自身がからっぽになった時に降りてくるインスピレーションやアートは
神様からのギフトだと私は思っています。

現代アート画家 RIO UMEZAWA,細密画

 

MINIATUREの作品はモダンな家具と相性が良いので、リビングのインテリアにしたいというご要望が多いのですが、お店のアクセントとして飾っていただいたり、プレゼントとして送りたいというご依頼も多いです。

 

なにやら近頃では、あの模様の中に、暗号のようなメッセージが描き込まれたりしているようですよ。

 

大切な方へメッセージを込めた、世界に1つだけのアート。
ステキですね。

 

Art is Love
Junko